リスティング広告は地域を絞り込んで出稿する

雑誌や新聞などの紙の媒体だけに広告をだしていた企業も、最近はWebサイトなどデジタルの媒体に広告をだす企業が増えてきました。しかしいきなりWebサイトに広告を出稿しようとしても、どこのWebサイトにだせばいいのか全然わからないという会社の担当者もいることでしょう。
Webサイトに広告を出す場合は、そのサイトがどんなユーザーが多くアクセスしているか知ることが大事です。たとえば競馬の記事が書かれているサイトに、女性の靴の広告を掲載してもあまり効果がないでしょう。女性のファッションのことについて書かれているサイトなら、女性の靴の広告を載せるとクリックされやすく売り上げにつながるケースも高いです。

効果的に広告を出す方法としてリスティング広告があります。リスティング広告と聞いてもピンとくる一般人は少ないでしょうが、インターネットで検索をした時に検索結果と一緒に掲載される広告のことです。たとえば女性の靴が欲しいので、欲しい靴の名前を検索したら、その靴を扱っている通販サイトが広告として表示されることをリスティング広告と言います。リスティング広告が掲載される場所は、かなり目立つ場所なので、つい気になってクリックしてしまうユーザーも多いです。

リスティング広告のメリットは、住んでいる地域や年齢など細かいキーワードでターゲットを絞りこめることです。たとえば北海道に店があるのに、九州の人のサイトにその広告が表示されても効果が出にくいですが、北海道の地域に絞った広告を出せば売り上げアップにもつながりやすいです。ターゲットは地域以外にも、年齢や趣味などのターゲットを絞り細かくリスティング広告を出すことができます。

自分ではリスティング広告を作成するのは難しいという場合は、代理店に依頼するといいでしょう。結果が出るHPと改善方法もアドバイスしてくれます。代理店も沢山あるのでどこに依頼すればいいか迷いますが、リスティング広告を出すならLP製作を得意としている所に依頼するといいでしょう。
LP製作を得意としている所には、専属のライターや専属のデザイナーも在籍しているので、より効果的なLPを作成してくれるはずです。担当者との交渉もとても重要で、メールでしか交渉しない担当者だとどうしても納得のいく広告を製作できないことも多いです。実際に会って話し合ってくれる担当者がいる代理店ならば、納得のいく広告製作ができます。