リスティング広告をするなら対策をしっかり

リスティング広告は大手サイトではYahoo!やGoogleがメジャーなジャンルです。検索結果にお金を払って表示できるテキスト広告のことで別名「検索連動型広告」とも呼ばれてます。サイトのより広い認知とトラフィック増加とコンバージョン獲得増加などサイトパフォーマンスを向上させることが可能であるため効果的で意味のあるリスティング広告運用が出来ます。リスティング広告の対策第一歩としては設定した広告の審査承認が出来る広告を作ることです。基本的にGoogle AdWordsやYahooプロモーション広告でそれぞれ広告掲載のガイドラインが設けられておりそれに沿って審査が行われます。

基本的に入稿規定違反最上級表現やテキストで主体者の名称や住所や電話番号を明記していなかったりリンク先エラーやキーワードとサイトの適合性がないのも審査に落ちます。さらにサプリや健康食品や化粧品などの広告では薬事法違反していないかの審査が厳しいのでハードルが高くなります。

リスティング広告は審査が通り広告掲載がされるようになってからが対策が本番となります。キーワード選びはリスティング広告の命です。よってYahoo!やGoogle利用しているならアカウントログインしたりパソコンのツールで広告に使ったキーワードの運用具合がチェックできます。そこで効果的なキーワードをチェックしながら発掘し広告を常に手直しをするのがベストの対策です。

通販のHPとセールスコピーではまずリスティング広告がクリックされることが必須です。つまり内容が広告とページが直結していなければなりません。広告で展開している商品の専用ページでなければいけません。本サイトにリンクをしたら商品のページを探さなければならないのでせっかくアクセスしてもそこで止まってしまうからです。またこれはリスティング広告の審査にも絡むので審査に通っている時点である意味クリアしています。そこでさらに対策として活用できるのがリスティング広告で使われ効果が高かったキーワードです。

アクセスする利用者は広告内容に興味を持ったとはいえ元々はキーワードに関する何かを欲求しているのが第一の理由の可能性が最も高いケースだからです。それらを駆使してセールスコピーを書き上げることは広告から訪れた利用者に響く可能性が非常に高まります。またキーワードとその年代の傾向をチェックしておけば年齢にあった表現でセールスコピーが書けるのでさらに共感を呼びます。