ソフトバンクが提供するリスティング広告

リスティング広告は、検索連動型広告ともいい、検索エンジンを使って、ある特定のキーワードを入力して検索したときに、そのキーワードにまつわる広告を結果が表示される画面に掲載するという宣伝方法のことを指します。それぞれのキーワードに対してオークションが実施され、最も高い単価を提示した広告主が最も上位に広告を表示させることができます。1度リンク先にアクセスされる度に費用が生じるクリック課金という料金設定になっていることが多く、テレビコマーシャルや、新聞の落ち込みチラシなどの媒体とは違った特徴を持っています。

ソフトバンクでは、リスティング広告についての専門的な知識を得ているスタッフが販売促進の対象となる商品やサービスの持つ特徴や、広告主の予算、ターゲットとなる客層などを鑑みて、最も適している様々な広告メニューを提案して、運用していくことができます。ソフトバンクが提供するリスティング広告は、広告を表示させること自体には料金が生じず、広告がリンク先にアクセスされたときだけに広告費が生じるクリック課金型の制度を採用しているため、無駄な広告費を発生させることなく効率良くリンク先のウェブサイトのコンバージョンを上げることができます。そして、1日あたりに使える予算や、1クリック単位の上限の金額を設定することも可能となっています。

また、レポートで広告が検索結果に掲載されている状況をチェックすることも可能となっています。ソフトバンクが提供するリスティング広告では、広告費を現状より削減したい場合や、ランディングページを経由した自社の商品やサービスの売り上げを伸ばしたい場合、問い合わせの件数を多くしたい場合、ショップに来てくれる人を増やしたい場合、現状のウェブ広告代理店のマーケティングでは目標の売り上げに到達すことができない場合などの問題を解決に導いていきます。

近頃の一般的な消費者は、テレビコマーシャルや、雑誌に掲載されている広告、新聞の折り込みチラシなどの広告媒体よりも、インターネット広告の方が役に立つと感じている傾向にあります。テレビコマーシャルや、新聞の折り込みチラシなどは、不特定多数の人たちに対して発信され、見ている人が関心や、興味を持っているかについては無関係な広告媒体だからです。しかし、リスティング広告は、関心や、興味がある人に対して広告を掲載するので、より一層効果的なコンバージョンを期待することができます。