リスティング広告の相場は費用対効果を考慮する

リスティング広告の相場を調べるときには、費用対効果を精査してから行わなくてはいけません。リスティング広告の相場は、利用する分野やキーワードによって非常に幅が違っており、例えば1クリック当たりの単価で10円以下のものも存在すれば、2000円を超えてしまうものも存在します。それぞれの目的によって相場がまるで異なっていますので、必ず費用対効果を考慮して実践しなくてはいけません。これは、高品質なHPと作成を考慮するときであっても同様です。

基本的に、リスティング広告で重要になるのはキーワードの知名度です。大手のサイトがビッグキーワードとして利用しているものを選択してしまうと、広告に対するクリックを集めるために競合他社を相手にしなくてはならなくなります。この場合には、当然大きな費用が必要になるため覚悟しておかなくてはいけません。また、リスティング広告を利用する媒体もとても重要です。日本国内で展開されている検索エンジンはいくつか存在し、その検索エンジン上で提供されているリスティング広告もサービス内容が大きく異なります。大手の検索エンジンであっても、より効率的に利用してもらうために1クリニック当たりの単価を安定的にしているところもありますし、逆に広告の効果を高める代わりに1クリック当たりの単価を大きくしているところもあります。

検索エンジンが提供するリスティング広告は、広告掲載場所も異なる傾向がありますので、自社が求める掲載部分に掲載してもらえるようなサービスを利用することが重要です。また上記の基本的な相場の考え方を念頭に置いていて、最も具体的に相場を調べていくためには、それぞれの検索エンジンが提供しているツールを利用することが大切になります。例えば、大手の検索エンジンでは配信を行いたい検索キーワードのクリック単価や、それに類似するキーワードの価格を詳細に掲載しているところもあります。最新のトレンドを調べるためのツールも提供されており、こうしたツールを利用することで効率的に費用対効果の高いキーワードで広告掲載が可能になります。

また、LPなどの専門性が高いページを広告で掲載させたい場合には、検索エンジンのサポートを利用することも重要です。検索エンジンによっては、重要な広告掲載に関するポイントに関してはサポートが付いて逐一質問に答えてくれるようになっています。どうしてもわからない場合には、アドバイスをもらいながら効果的なリスティング広告を設定すると良いでしょう。