リスティング広告の特徴とタグについて

検索結果ページに表示されるテキスト広告です。
リスティング広告は検索結果ページに表示が行われるため、普段は目にする事が出来ないネット広告です。
普段目にする事が多いネット広告はディスプレイ広告と呼ぶもので、Yahooのトップページなどには数多くのディスプレイ広告が表示してあります。
多くの人が目にする場所になるので、広告費用も高くなりますが、リスティング広告の場合はクリック1回でいくらなどのように広告費が計上されるため、少ない広告費で運用が出来るメリットがあります。

また、グーグルのリスティング広告などの場合は、特定の時間帯や毎週土日だけなどのように広告を表示させるタイミングを変える事が出来る広告表示スケジュール機能もあるので、問い合わせなどに対応したい時には、営業時間内だけに広告を表示させる事も可能です。
リスティング広告はHTMLタグで記述が行われていますが、ユーザーがブラウザで見る時にはタグがブラウザで解析が行われ、広告文だけが表示される事になります。
広告の出稿時もタグなどを意識する事なく、広告文を記載する、見出しを記載する、ランディングページへのリンクアドレスを記述すれば良いのです。
それぞれの項目はフォームの中で指定が行われているので、出稿時にタグの知識を持っていなくても良いわけです。

ランディングページの記述もHTMLで記述を行います。
リスティング広告の場合は、広告文などを出稿する時に利用する専用フォームに入力するだけなのでHTMLの知識は要りません。
しかし、リスティング広告のリンク先でもあるランディングページはHTMLの知識やSEOの知識も必要です。
SEO対策の中では正しいHTMLを記述する事や特定のタグを使う事が最適化に効果を現わします。
例えば、h1タグは見出しを作る時に利用するものですが、文字サイズを指定すると同時に、太文字書体に変えれば同じように表示が行われます。
しかし、SEOの中ではh1要素を使う事が推奨されているなど、HTMLについての知識を持っておく事がお勧めです。

ホームページと改善方法について。
リスティング広告のクリック率が高くなる事はとても嬉しい出来事ですが、コンバージョン率が上がらない、売り上げが伸びやんでいるのでは困ります。
ランディングページへのアクセスはあるけれど、ページ内のコンテンツを見たユーザーはそのまま立ち去るケースもあります。
ユーザーの行動を数字などで把握をし、ランディングページの悪い部分を改善する事が必要です。
特に、ファーストビューの改善はランディングページの滞在時間を流す効果にも繋がりますし、商品の購入や資料請求数を伸ばすポイントにもなって来ます。