リスティング広告の効果を高める様々なターゲティングの手法

リスティング広告とは、検索エンジンで、特定のキーワードを入力して検索した場合に、そのキーワードにまつわる広告を検索結果のページに表示する宣伝方法のことを指します。リスティング広告は、キーワードを実際に検索している人が求めている情報に関連している広告を検索結果のページに表示させることができるため、顕在的にニーズがある見込み客に対してアプローチをすることができます。そのためリスティング広告は、宣伝の対象となる商品やサービスの売り上げに結びつける効果が高い手法になります。

サイトリターゲティングは、リスティング広告などで誘導したランディングページにアクセスしたインターネットの利用者をリストアップし、リストアップした人が閲覧している画面にディスプレイ広告を掲載する手法になります。ランディングページに一旦アクセスした人が閲覧している画面に、もう一度ディスプレイ広告を掲載することによって、そのランディングページに戻れなくなって対象の商品やサービスを利用する機会を失っていた見込み客を取りこぼさないようにする効果があります。個人向けでも慎重に比較して利用することを検討するような商品やサービスを取り扱っているケースや、法人向けの商材を取り扱っているケースでは非常に売り上げに結びつく効果が期待できる宣伝の手法となっています。

サーチターゲティングとは、前もってキーワードを登録しておいて、ある程度時間が経過してから、そのキーワードを検索した人が閲覧している画面にディスプレイ広告を掲載するという宣伝の手法になります。キーワードを過去に検索したことがある人なため、そのキーワードに関連した商品やサービスに対してニーズがある可能性が高く、ある程度の売り上げに結びつく効果を期待することができます。コンテンツターゲットという宣伝の手法もあるのですが、前もってキーワードを登録しておくのは、共通しているのですが、そのキーワードにまつわるコンテンツが掲載されているウェブサイトにディスプレイ広告を掲載するという点がサーチターゲティングと異なるポイントとなります。

健康や、美容など範囲が広い分野にまんべんなく興味を持っている人のニーズに応えて売り上げに結びつける効果を期待できます。他にも、ディスプレイ広告を掲載したいウェブページのURLを具体的に指定するプレイスメントターゲティングという手法もあります。これらのターゲティングの手法をリスティング広告と組み合わせることによって、リスティング広告の宣伝効果をより一層高めることが期待できます。