タイトルと説明文次第で効果が変わるリスティング広告

リスティング広告にはSEO対策をしなくても短期間で見込み客をLPに誘導できるというメリットがありますが、必ずしも広告しただけで成果が出るわけではありません。広告を出したものの思ったよりクリックしてもらえなかったり、クリックされても成約に結びつかないことは珍しくありません。広告のタイトルや説明文はクリック率に影響します。また、タイトルや説明文次第でコンバージョン率が変わる場合もあります。リスティング広告ではいかに購買意欲の高い見込み客をLPに誘導できるかということがポイントになりますから、その入口となるタイトルや説明文にもクオリティの高さが求められます。

タイトルと説明文を作成する時はいくつかのポイントを抑える必要があります。1つはキーワードを広告文に入れるということです。リスティング広告にはユーザーの検索キーワードと広告文の中のキーワードが一致すると太字で表示されるという特徴があります。自分が検索したキーワードが太字で表示されていれば目につきやすくなり、クリックされやすくなります。もう1つは、自社商品の強みを広告文に含めるということです。競合他社が同じキーワードでリスティング広告すれば、同一画面に自社と競合他社の広告が並んで表示されることも少なくないでしょう。

その場合、競合他社の広告ではなく自社の広告をクリックしてもらわなければなりません。競合他社に比べて強みは何かを洗い出して、それを訴求する広告を作成することが大切です。ただ、広告する側と見込み客の思惑は必ずしも一致しません。商品の価格、品質、キャンペーン、特典など、ユーザーが何を求めどんなことに反応するのかを観察・分析して、自社製品の訴求ポイントと一致させることも必要です。テストを繰り返しユーザーの反応を見ながら改善していけば、よりクオリティの高いタイトルと説明文を作成することができるようになります。ただし、どんなに見込み客の興味関心を引くタイトルと説明文であってもLPと異なる内容では成果に結びつかないので注意が必要です。

誘導した見込み客をいかに成約まで導くかはLPの役割です。リスティング広告でどんなに購買意欲が高い見込み客を数多く誘導したとしても、誘導された先のLPの品質が低ければ高い成約率は見込めません。LPの構成、デザイン、セールスコピーなど、LPの品質次第でリスティング広告の成果も変動します。費用対効果が高いリスティング広告を目指すためには、高品質なHPと執筆代行ができる会社に依頼して高い成約率が期待できるLPを用意することも大切です。