自社を検索して他社名のリスティング広告が表示されたら

リスティング広告において自分の会社のブランドを指名して購入してもらう方法は売り上げに繋げる最も良い方法になります。しかし、広告費にあまり予算がかけられない場合や、ブランドの認知度が低い場合は自分の会社のブランドをキーワードに使いたくないケースもあります。自分の会社の提供しているブランドが競争力が強い場合、ブランドの認知度が低い競合他社が競争力が強いブランド名を入札してくることがあります。自分の会社のブランド名を検索した場合に、他社名がリスティング広告に表示されるのは嫌な気持ちになります。実際問題としても、自分の会社のブランドの認知度を利用されていることになるのですから、できるなら排除したいところです。

競合他社名がリスティング広告で検索した結果に表示されてしまうのは競合他社が、意図的に競争力が高いブランド名をキーワードとして入札してリスティング広告を掲載した場合と、ブランド名をキーワードとして入札している訳ではないが、他のキーワードと部分一致することによってリスティング広告が表示される場合があります。広告が表示されてしまうと、自分の会社の商品やサービスを利用してくれるはずの見込み客が競合他社の方に流れていってしまいます。これに対処したくても検索エンジンには、自分の会社のブランド名を他社がキーワードとして入札する行為を制限するような機能は搭載していません。特定のキーワードが、その会社のブランド名や商品名、社名に該当するかどうかを判別することは簡単なことではないためです。

リスティング広告は、元々一般的な広告媒体に比較して広告を掲載する方法が簡単で、審査が厳しくない媒体であるという理由で成長してきています。ですので、このようなこと原因で行政が規制を行い使いにくい媒体になることも望ましい話ではありません。ですので、競合他社が意図的に競争力のあるブランド名をキーワードとして入札しているときには、なかなか掲載を止めさせることができないので厄介です。しかし、検索エンジンを運営している会社は商標権の大切さを充分に認識しています。ですので知的財産権を広告主が侵害することを利用規約で禁じています。そのため、社名や、ブランド名、商品名を商標登録しているときには、苦情を申し立てことができるようになっています。また、検索エンジンを運営している会社を介さずに、自分の会社のブランド名をキーワードとして入札している競合他社に直接連絡をして話し合うという方法も有効な対処方法となります。