リスティング広告を出す時は他社の様子をうかがうこと

インターネットのビジネスは、さまざまな形がありますが、ここ数年でリスティング広告を出しているところが多くなっています。リスティング広告とは、検索した単語に合わせて広告が出る仕組みです。例えば自動車修理の広告を出したい場合は、検索エンジンに自動車修理と記入してクリックすれば、検索結果と同時に右のほうに広告が出る仕組みです。検索した言葉と関連している広告が表示されることによって、広告をクリックされる率が高くなり、結果的にお金に結びつきます。

通常リスティング広告を出すときは、他社のものを参考にするとよいでしょう。自分でリスティング広告を作る場合は、何か参考になるものがなければ意味がありません。一番参考になるのは同じ広告を出している他の会社のものをのぞきこむことです。これにより、どのようなポイントでランディングページを作ったらよいのか分かりやすいでしょう。もちろん、他社のものをそのまま使うのがよくありません。著作権侵害で訴えられることもあるでしょう。仮に訴えられなかったとしても、関係が悪くなるのは避けられないところです。広告からランディングページに飛ばすときに、しっかりとランディングページを読んでもらう工夫が必要になります。

多くの人は、商品やサービスの説明をしてしまいがちです。もちろん商品やサービスを提供するのであればその説明をするのが普通ですが、それを前面に出過ぎると逆にお客さんが逃げてきます。つまり商品やサービスを選ばずにページを閉じてしまう可能性があります。ではいったい何を書けばよいかといえば、お客さんがその商品やサービスを使った時に、どのようなメリットがあるかを一番に書き出すことです。商売といえば商品を勧めることばかり考えてしまいますが、そうではなく必ずパソコンの向こうには人がいますので、その人に響くような言葉を使い問題を解決してあげることが必要です。問題を解決するためにその商品やサービスを使い、結果的にその人が幸せになれればこれ以上のことはないでしょう。まずはその旨を一番に書き出してみましょう。

これらの内容を自分で行うのが難しいときは、セミナーや書籍を購入して仲間を作り勉強していく必要があります。また専門的にリスティング広告を作っている業者もあります。同時にランディングページも作っている業者が多いですので、作り方がわからない場合は業者に申し込んでみるのも悪くはないでしょう。