リスティング広告で直帰率を調べることも重要な作業

最近は、Webマーケティングの形も様々なかたちに変わってきており、昔のようにやみくもに広告を出すだけのビジネスは少なくなってきました。ウェブで検索検索したキーワードと同じキーワードの広告を自動的に出す事が出来るリスティング広告がはやっています。リスティング広告は、購入者に対して的確な広告を提示することができるため、やみくもに広告を出すよりもはるかに効果的です。例えば化粧品を探している人に、ゴルフのクラブを買い取る業者の広告が出てきたとしてもまずクリックしないでしょう。また、自己破産しようか迷っている人に対して、ダイエットの広告ができてきたとしても、何の意味もありません。

その広告をクリックすらしないでしょう。そのように考えると、リスティング広告は非常に有効な手段だとわかるでしょう。化粧品を売る場合、お客さんの中でもそのうち購入したいと思っているお客さんと、今すぐ購入したいと思っているお客さんがいますが、今すぐ購入したいと思っているお客さんが積極的に広告をクリックしてくれ、ランディングページを読み、商品を購入してくれるでしょう。ただしこのとき注意するべきは、今すぐ購入したいお客さんだけでなく、これから購入するかもしれないお客さんに対しての文章も用意しておきましょう。そのようなお客さんに対しては、無理に購入を勧めないような内容にしておく必要があります。特に限定などといった言葉はつけない方がよいです。そのお客さんがそろそろ購入しようと思ったときに、広告を思い出してくれるようにすればよいだけです。

ただ、リスティング広告を有効なものにするためには直帰率を調べる必要があります。直帰率とは、そのサイトにいた滞在時間のことです。ほかのページも読んでおり滞在時間が長ければ、しっかりと内容を読んでいる可能性が高くなります。それにもかかわらず申し込みが少なければ、内容が悪いことが考えられますので、もう一度ランディングページの内容を見直すことが重要です。これに対して、直帰率が高ければ、ほかのページを見るまでもなくすぐに帰ってしまった可能性が高いため、インパクトが弱い可能性があります。あるいは文章が読みにくいか、利用している画像が適切でない可能性もあります。そのような場合は、第一印象を変えることが重要でしょう。

いろいろ試してみてもうまくいかないときは化粧品のホームページの改善方法を提示してくれる業者にお願いをしてみるのもよいです。業者であれば様々なホームページを作り込んでいるため、より適切なページを作ることができるでしょう。