リスティング広告の基本知識を知ろう

リスティング広告という言葉を聞いたことがあるでしょうか。インターネットを方には無縁の言葉なので、知らない方もいらっしゃるかと思います。もしかしから、インターネットをよく利用するという方も、聞いたことがないという場合もあるかもしれません。確かに検索したり動画を見たりする分には、耳馴染みのない言葉です。しかし、実はインターネットで検索をする人は、誰でも必ずリスティング広告を目にしています。リスティング広告とは、検索結果のページの上部に出てくる、検索結果と同じような形式で表示されているPR広告のことをいいます。今回は、リスティング広告のメリットとデメリットの基本知識を紹介します。これらを知ることで、結果が出るホームページと製作にも役立てることができるでしょう。

リスティング広告のメリットは、ユーザーの求めている情報により近い広告を表示させることができるという点があります。例えばユーザーが、エステ、東京、安いというワードを検索をしたとしましょう。すると、広告も東京にある安いエステが紹介されているものを表示します。ただ単にエステとだけ検索した場合よりも、よりターゲットを絞った広告を出すことが可能です。そのため、ユーザーの興味を引きやすくなります。さらに検索結果と同じ形式で表示されるため、気軽に広告を見やすいというメリットもあります。またリスティング広告はクリックされるごとに料金が発生する仕組みになので、低予算で始めることができます。

デメリットは、競合率の高いキーワードを狙った広告を作りたい場合、掲載順を上げるために高額な費用が必要になる場合があるということです。リスティング広告は入札制のため、人気のキーワードの場合、もし企業がすでに広告を打ち出している時は効果を出すことは大変難しいと言えるでしょう。また、広告の効果測定をリアルタイムで行うことができるので、その都度修正、対策ができる反面、運用していく手間がかかるという問題もあります。より効果的な広告を作るには、常にユーザーの動向にアンテナを張っておくことが大切です。それには知識も時間も手間も必要となります。そのため、このような広告の運用を代理で行う会社に依頼をするのも一つの手です。

リスティング広告には、このようにメリットとデメリットが存在します。特徴をよく理解、広告を載せることで得られる費用対効果を計算し、うまく活用することで、ライティングページでの注文率をあげることが可能です。