リスティング広告で必要なターゲットの選定方法

サイトへの集客に役立つリスティング広告では、まずターゲット層を想定することが必要になります。サイトへのアクセスを増やすだけでは、ランディングページでの成約にはつながらないからです。例えば化粧品のホームページの制作では、主に女性のターゲットを集客することが必要になります。このように集客するユーザー層を限定するために、リスティング広告におけるキーワードの選定が重要なポイントとなるわけです。どのようなキーワードで検索をかけるかによって、そのユーザーの属性や目的などを想定することができます。年齢層や趣味、悩みなどを細かく分析して使われるキーワードを推定することで、効果的に必要なユーザーを集客することができます。

リスティング広告は検索に使用されるキーワードを入札によって購入することから始めます。うまく落札することができれば、あとは落札金額に応じて検索結果の画面にサイトを紹介してもらう場所が決まります。あとは閲覧しているユーザーが広告を見て、クリックすることで広告料金が発生するという仕組みになります。クリックによってサイトへリンクされ、ユーザーがアクセスするというわけです。ただしこの時点では、サイトで紹介する商品などに興味を持っているかどうかは分かりません。そこで様々なコンテンツを提供することで、興味を持ってもらうようにします。ポイントはユーザーが抱える悩みなどを解決できるような情報を提供することにあります。さらにその解決のために、自社製品が役立つことを理解してもらえれば、最終的なランディングページでの購入などにつなげることができるようになります。

さらにランディングページでの分析を行うことで、効率的に売り上げを増やすことも可能となります。具体的にはランディングページに至る前のコンテンツをどのように充実させるかを検討するわけです。訪問するユーザーが求める情報を的確に提示することや、抱えている悩みを解決するためのヒントなどを提供することで満足度を高めることにつながります。さらにサイトで紹介している商品やサービスがそのような解決に役立つことを示すことで、興味を持ってもらえるようになるわけです。そしてこのように興味を持ってくれるようなターゲット層を集めるためには、リスティング広告でどのようなキーワードを購入するかが大事となります。このような観点からリスティング広告を運用することで、売り上げの増加に結び付くというわけです。