エンパイアカジノで儲けた分は税金として納めましょう

エンパイアカジノではたくさんのゲームを楽しむことが出来ますが、どのゲームを楽しむ場合であっても忘れてはならないことがあります。それは、エンパイアカジノで得た賞金の額の大きさによっては、それを税金として納めなければならない場合があることです。

エンパイアカジノで得た儲けが課税対象となる税金は、所得税と住民税です。もし、自身がサラリーマンや公務員などの給与を得て生活している立場である場合、給与所得や退職所得を除くすべての所得の合計金額が20万円を超えていれば、翌年の2月16日から3月15日までの期間内に税務署に確定申告をする必要があります。エンパイアカジノでの勝ち金を例にすると、ギャンブルの勝ち金は一時所得に分類することになっており、計算時には特別控除額として50万円を差し引くことになっているため、1月1日から12月31日までの1年間で得た勝ち金が70万円を超えると確実に確定申告が必要になります。

また、一時所得の金額が20万円以下であったとしても、他の所得との合計で20万円を上回ると申告を行う義務が生じるほか、給与所得や退職所得を除く所得が1円もなかったとしても、年収が2千万円を超えていれば課税対象となる所得金額の大小に無関係で税務署へ申告を行わなければなりません。確定申告は法律に基づく義務であるため、これを避けたければエンパイアカジノでの勝ち金が多額にならないようにするしかありません。

なお、1年間の所得が基準を満たさず、確定申告の義務がない場合であっても、1円でも所得が生じていれば現在住んでいる自治体に住民税の申告を行う必要があります。こちらは所得だけを計算すればよく、税額の計算は自治体側で行ってくれるので手間はかかりませんが、オンラインカジノで収入を得ていることを知られたくない場合は申告書の提出時に普通徴収を選択するのを忘れないようにしましょう。